LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ヘルシンキでランチ会★

0   0

ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   
皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif
ヘルシンキでピリオさんのお宅にお邪魔した時にこちらのスープをいただきました。
去年も同じレシピを使ってピリオが作ってくれた、エジプト風トマトスープ。
すごく美味しい!と感動して彼女に早速レシピを聞いたくらいでした。
入っている野菜は、
玉ねぎ、リンセ(北欧の小さな乾燥豆)、人参といたってシンプル。


DSC09530.jpg


今年はそれをバーバラさんが作ってくれて、
彼女風のテイストですごく美味しく出来上がっていました。
同じスープのレシピでも、作る人が違うと出来上がりの味も違うんだなと納得。

この日集まったのは15人くらいだったかな、
ランチだったこともあり、とてもラフなスタイルでした。
私も野菜を切るのだけお手伝いに参加しました★
キュウリやトマトやパプリカをせっせと切って…
大体こういう時ってどう切るのが良いかちょっと悩んでしまう私。
でもだいぶ北欧流に慣れてきました。


DSC09529.jpg


パンにスープ、バター、チーズに生野菜、飲み物はコーヒー…
そしてケーキを丸ごと一つ置いておけばOK!
ここまでシンプルでいいんだ!
と北欧スタイルには毎回目からうろこです。

そうそう、キッチンに飾ってあるお花は、外で摘んできてくれたもの。
私はこの家のいたるところに素敵なブーケが飾ってあるので
お花屋さんでこんなに多くの種類の花を買ってくるのも大変だろうなと思っていましたが、
どうやら違うみたいです。
夏になって咲いている花は、自由に摘んでいいらしく、
どこから??と聞くと、「どこからでも!」と言われました。ホントにそうなんですか?! だとしたらうらやましい!!
翌日たっぷりのお花を新聞紙にくるんで持つ人の姿を見て
いいな~と思ってしまいました。

ランチ会の途中でヤリさんが、
フィンランドに伝わる民族叙事詩「カレワラ」の本を見せてくれました。
フィンランドの有名ジュエラーの名前にもなっている「カレワラ」は、
天地創造に始まって、色んな物語があり
成立年代が違うだけで、内容はなんか似てる?!
日本でいうところの「古事記」のようなもの。だと私は勝手に解釈しています。
下の写真はその本の一節で、太陽をみんなで下ろしている場面。

DSC09539.jpg


フィンランド人がロシアから最終的に独立する時にも
この「カレワラ」が人々に大きく影響を与えたのだそうです。
フィンランドという国を知るには大切な本のようです。

ある日のランチ会のひとコマでした★

それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!

↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村


ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png   ih_07.png






関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/917-89d4a831
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。