LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

夏を感じに、フィヤーデルホルマナ!

0   0

c3.png
皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif
おそらく残り少ないストックホルム生活、短い北欧の夏を満喫するため、
お休みの今日、ストックホルムの群島の一つ、
"フィヤーデルホルマナ"へエクスカーションすることになりました★!
やった~~!

"フィヤーデルホルマナFjäderholmarna"は、去年
雑誌フィガロ・ジャポンの北欧特集でも取り上げられた、
ストックホルムっ子に人気の小さな島。
フェリーで行くことになりますが、スルッセンslussenから出ている会社と、
ニーブロプランnybroplanから出ている会社があります。
その他にも水上タクシーなどが出ているようです。
フェリーのチケットはオンラインでも買えるし、乗り場でも購入可能。
大人往復一人120KR!


DSC08271.jpg


私たちは家から近いほうのスルッセンから行くことに。
スルッセンは港町なので、色んな島へ行く乗り場がありますが、
フィヤーデルホルマナ行き乗り場は、一番大きくて人が集中している
"ユールゴーデン島"行き乗り場の、海へ向かって左手側にあります。


DSC08411.jpg


スルッセンからのフェリーは1時間に1本。
約25分でフィヤーデルホルマナに到着します。
その間のクルージングもお天気がよければ最高です!
バルト海は内海なので、船酔いも気にせず気持ちよく。


DSC08272.jpg


フィヤーデルホルマナに到着!!!


DSC08284.jpg


到着したら、小さな案内所のようなお土産屋さんがあり、
小さなパンフレットも置いてありました。
パンフレットは英語でも書かれていたけれど、
島のちょっとした標識やレストランの看板などはスウェーデン語オンリー。


赤い壁がかわいい~~
DSC08278.jpg


スウェーデン人や地元の人が楽しむための小さな隠れ家的島。
地図と自分たちが歩く感覚で、この島の小ささがよく分かりました。
ゆるやかな上り坂を歩くと、子供たちの公園が。
そこで妖精の格好をしたお姉さんが、部屋にカーテンをかけて何かの準備中。


DSC08289.jpg


小さな工房もあります。こちらはガラス工房の通り。


DSC08298.jpg


工房の隣には小さなお店があり、工房で作られた器やグラスが売られています。
手作りの素朴さが形になった、愛らしいものばかりでした。


DSC082991.jpg


ガラス工房の裏側。
軒下に吊るされているガラスのオーナメントが夏らしく。
でも色が控えめで主張しすぎず島の柔らかい雰囲気にぴったりです。


DSC083021.jpg


シルバー工房の看板も素敵。


DSC083051.jpg


フィヤーデルホルマナの旅行記はまだ少し続きます。

それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!

↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


c3.png






関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/870-447f9286
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。