LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

テュイルリー庭園 パリの憩いの場★

0   0

a13.png
皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif

さて今日は再びパリの話題を。


DSC06854.jpg


パリには歴史ある見所がこれでもかというくらいあり、
高級ブランドのブティックがずらりと建ち並んでいて、
観光客は世界中からやってきて、華やかな都会のイメージしかなかったけれど、


DSC06855.jpg


セーヌ川のほとりをぶらりと歩いていたら、
3度目のパリにして初めて憩いの場を見つけてしまいました。


DSC06898.jpg


写真に見えるエッフェル塔。
その手前のオベリスクの塔があるのはコンコルド広場。
フランス革命の時にここでルイ16世とその妻、
マリー・アントワネットがギロチン台にかけられて処刑されたのかと思うと
不思議な気持ちになります。それくらい平和な場所。


DSC06900.jpg


この周辺に視界をさえぎる高い建物がないので、エッフェル塔もきれいに見えます。
ちなみにエッフェル塔が建設されたのはパリ万博の時。
エッフェル塔の賛否は建設後も続き、反対派の間では「エッフェル塔を見なくてすむ」
という理由でわざとエッフェル塔に通う人たちもいたという
なんともフランス人らしいシニカルなエピソードは有名です。

そうか、ここがテュイルリー庭園か~と後で気づきました。
庭園というくらいなので、整備もされています。
今は春なのでチューリップがちらり。


DSC06904.jpg


この庭園内をジョギングしているパリジャンがいました。
パリ市内だととにかくどこを歩いても観光客だらけなので
ここはそんなことができる貴重な場所のひとつだろうな~と思いました。


DSC06927.jpg


後で調べてみたらこの庭園がある土地には、
16世紀に生きたカトリーヌ・ド・メディシスが建造を命じた
「テュイルリー宮殿」が建っていたのだそう。
100年の歳月をかけて建設されたものの、
19世紀に起きたパリコミューンの制圧の最中に放火されて焼失し、
その後、焼け残った外壁も取り壊して最終的にはこの庭園だけが残ったとのこと。

10年くらい前にこの地にテュイルリー宮殿再建造計画が出たそうですが、
さていつ出来上がるんだろう。
フランスの政治のことはよく分かりませんが、
まだ何かが始まったような感じではありませんでした。
私が知らないだけでもしかして始まってた?!


DSC06926.jpg


今となってはパリジャン・パリジェンヌと私のような観光客の憩いの場、
でもこの庭園はパリとフランスが辿ってきた歴史が深く深く刻まれた場所なのでした。


DSC06930.jpg


それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!

↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


a13.png





 

関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/801-2464a3a8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。