LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

12月の雪景色とネックレス

2   0


c8.png

皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif

ここ数日降り続いた雪のおかげで、
ストックホルム近郊の森の景色もこんな感じになりました。


DSC01530.jpg


雪景色!!
ここは夏の間はうっそうと木々に覆われて緑だらけなのに、
それが嘘みたいに真っ白です。

実はおととい、日本食屋さんに味噌を買いに街へ繰り出した時、
カメラを携えて出かけて、吹雪の降る中あれこれと写真を撮ったのに、
なんとSDカードが入っていなくてアップできなかったので、
(今使っているカメラはカードが入っていないとデータ保存ができないタイプ。)
今日出かける時にまた撮ったのがこの写真。

公園の横の坂では、そりを持って遊ぶ子供たちがいました。


DSC015382.jpg


うらやまし~私も遊びたい!

ところで、今日道を歩いていたら、派手に転んだ人を2人見かけました。
雪が積もっているところは大丈夫だけれど、
スーパーや駅の構内みたいに床がつるつるしているところを歩く時は
ほんと気をつけないといけないなと思います。


さて今日は、こちらのネックレスがオンラインショップにアップされました。
(写真クリックで商品ページに飛びます。)


DSC0150411.jpg


真ん中のオレンジの石は、仕事を成功へ導いてくれると言われるカーネリアン。
シェルビーズとラブラドライト、シトリンが一緒に揺れています。
シトリンはそういえば、実家の母がお守りとしてお財布に入れて持ち歩いていました。
金運が上がるそうです。
このシトリンは小さいけれど、輝きが特にきれいです。
この石を使ってまた何か作ろうかなと思っています。

それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!


↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


c8.png





関連記事
スポンサーサイト

SHARE

-2 Comments

あいやばば says..."No title"
Tommy25さんおはようございます。

そちらも雪ですね。 でも気温が・・・。-13℃って札幌近郊じゃ厳冬期でも一度あるか二度あるかって気温です。

同じ雪の写真でも、そちらのは違いますね。 すらりとした背の高い人が歩いているだけで日本と違う。 でももしかしたら旦那さんだったり?

つるつる歩道はヒヤヒヤもんですよね。 小生はスパイクピンを買いましたよ。 横断歩道を渡る時なんか1歩20cmくらいしか出せません。
転ぶと・・下手をすると他の人を巻き込んだりして・・

でも・・子供は元気ですよねぇ。転んでも平気だし・・。
真冬にジョギングしてる人が近所にいるんですけど・・なんで走れるの?って思います。
Tommyさんもお気をつけて! 

ところでそちらの真冬の買い物は橇ですか? こちらでは買い物袋じゃなくて橇を持ってスーパーに買い物する人多いです。
2012.12.03 08:49 | URL | #/e0Sinec [edit]
Tommy25 says..."Re: No title"
あいやばば様おはようございます、コメントありがとうございます。
札幌の気温ってそんなものなんですね☆ もっと寒くなるのかと思っていました。
あそうです、写真の中のすらりとした背の高い人は夫でした。

今日はかなり気温が下がったのでほんとに地面がつるつるしてました。
こわいですよね~~!!
スパイクピンはすごくいいですね☆ でもこちらでは見たことないです。
今日みたいにマイナス10度以上の日でも若い人は割と軽装だったりするし・・・
それにしても真冬にジョギングするなんてつわものですね。
雪があると走りにくいし、足元取られるし。

買い物したものをそりに乗せる人はいるのかな。
こちらでは見たことないような気がしますが、それは結構便利ですね☆
こちらの人は日頃からショッピングカートを愛用しているので冬でもカートをごろごろしてるかもしれません。

2012.12.04 06:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/666-87f8f011
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。