LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

憧れのヘルシンキ大聖堂へ

0   0


c15.png

皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif

今日はヘルシンキのランドマークのひとつ、
憧れの「ヘルシンキ大聖堂」へ。
ネオ・クラシック様式の、夢見るような大聖堂。


P1440851.jpg


大体どのガイドブックにも、
この階段にたくさんの人が座っている写真が載っています。
ここは毎年35万人の観光客が訪れる、ヘルシンキきっての観光名所だそうですが、
この日は風がかなり冷たくて体が痛くなるほどだったからか、
私が行った夕方頃にはひっそりと静まり返っていて、
観光に来ていたのは私も含めて数人のみでした。

この大聖堂の階段下は広場になっているのですが、
そこが「元老院広場」と呼ばれる広場だそうです。


P1440853.jpg


この階段、思っていたよりも急な階段で、
手すりは両脇にしかないので昇り降りが少し怖かったです。
帰る間際に通ったという感じだったので、
大きな荷物を両手に抱えながらで大変でした。

外は素敵な白亜の建物だけれど、中に入ったらすごく質素な教会でした。


P1440882.jpg


フィンランド福音ルター派の総本山だそうです。
丘の上に立っているので、
船を下りて初めてヘルシンキに降り立って遠くを見渡すとすぐ目に留まり、
早く近くへ行って見てみたいなと思わせる建物でした。


P1440880.jpg


ドイツ人のカール・エンゲルによる設計で、30年がかりで建設されたそうです。


大聖堂の丘を下った後に振り返りざまに写した写真。


P14409001.jpg


やっぱり美しい大聖堂。
ヘルシンキの街を象徴する建物だな~と思いました。
ちなみに写真に写っている男の子たちはスウェーデン語で会話していました。
スウェーデン語学校に通っているのかな。


今日のおまけの一枚。


P1440789.jpg


今年はヘルシンキ遷都200周年にあたる年。
ロシアのアレクサンドル1世が、フィンランド大公国の首都を
スウェーデンに近いトゥルクという街から、
スオメンリンナ要塞(現在は世界遺産に登録されています)のある
ヘルシンキに遷都させたのが今からちょうど200年前の1812年なのだそうです。

それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!


↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


c15.png





関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/627-5c7a3677
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。