LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ルーブル散歩道★ Parisレポート 

0   0

a16.png
皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif

今日もパリレポートをお届けしたいと思います!
今回は、パリの超有名で必見の美術館と言えばルーブルとオルセー。
所蔵している作品の時代背景が違うので、
どちらに行ってもかぶることはなく楽しめるのが魅力。
ルーブル…古代から18世紀ごろ。
オルセー…19世紀~20世紀初頭。印象派の作品はこちら。
ちなみにそれ以降の作品は、ポンピドゥーセンター内にある"国立現代美術館"。



ルーブル美術館前。
DSC06800.jpg


今回は2年前に見学していたこともあり、中には入らず散歩のみ。
こちらはルーブル美術館の中庭にある、ガラスのピラミッドです。


DSC06811.jpg


このガラスのピラミッドがルーブル美術館へのエントランスになっています。
こちらはフランスのミッテラン大統領時代に打ち出された
「パリ大改造計画」の一環として建設されたもの。
中国系アメリカ人建築家、イオ・ミン・ペイによる設計です。

鉄のエッフェル塔の時もそうだったように、
パリの伝統的な建築物の前にこんなガラスの無粋な三角形を置くなんて!
とこれをめぐって論争が起きたそうですが、フランス人はとにかく議論好き★
今となっては古いパリと新しいパリがうまく融合しているように見えます。
それがパリのいいところ。


DSC06818.jpg


セーヌのほとりを歩きながら…。


DSC06834.jpg


今回はオルセーのほうに行きたかったのだけれど、
時間の取れる日がちょうど休館日にあたっていました。
翌日開館時刻頃に行ってみたけれど、既に長蛇の列が。
ストックホルムに戻る飛行機の時間が気になったので、
残念ながら並ばずにそのまま素通りしました★


DSC06846.jpg


ちなみにルーブルよりもオルセーのほうは並ばないといけないように見えました。
前回見学したのは10年以上前。次に行けるのはいつになるかな~。

それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!

↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


a16.png





関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/475-2124c40d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。