LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ストックホルムのサイレンの話

0   0


a16.png

皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif
さて今日はちょっといつもとは違うお話を。

私の知り合いで今年71歳のホーカンさんという
スウェーデン人の年配の方がいます。
彼と今日話していたところ、
ウォーーーンと大音量でサイレンが鳴り響きました。
すると突然、「今ちょうど3時だろう?」
と言われたので時計を見ると、たしかに3時ジャスト。

なぜかというと、スウェーデンでは(もしくはストックホルムのみ?)
毎月第一月曜日の午後3時にサイレンが鳴るのだそうです。
今日はたしかに3月の第一月曜日。(時差があるので昨日です。)

その習慣は第二次世界大戦の頃に始まったので
もう67年以上、それが毎月続いているとのこと。

何のために鳴らすのか聞いてみたところ、
「よく分からないけれど多分民衆に注意を呼び掛けるためだと思う。
戦争が終わっても冷戦があったしね。」
ということでした。

特にスウェーデンは地理的にロシアが近いので、
旧ソ連は北欧諸国にとって脅威的存在だったのだそうです。


P1090565.jpg

とある北欧のホテルにて。きれいに並ぶスイーツたち。

そう言われれば余談ですが、チェルノブイリ原発事故の時も、
ソ連は当初事故を公表しないままだったのを
スウェーデンがいち早く異常をキャッチして調査を開始したというくらいなので
それだけ地理的に近く、ソ連の動きにも敏感だったのだろうと思います。

今はおかげ様でとても平穏な毎日ですが、
この時代、どこでいつ何が起きてもおかしくないので、
治に居て乱を忘れず、
サイレンを聞くたびに大切なことを思うようにしたいなと思いました。

それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!


↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


a16.png



関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/398-bef5539d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。