LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

スウェーデン国立美術館 -ロシア・移動派展! 2

4   0


suiteki rain midori

皆さんこんにちは! 本日もご訪問ありがとうございます。dd.gif
さて今日は昨日の続きで、
スウェーデン国立美術館で開催中の「ロシア移動派」展のお話。

先生がとても人気のある展示だと話していたのはその通りで、
チケットを購入するのに長い列ができていました。

スウェーデン人が教えてくれたのですが、最近この国では
教会に通う人よりも美術館巡りを楽しむ人のほうが多いと言われているくらい
アートに関心が高いのだそうです。

da6.png

相当な数の作品が展示されていたのですが、
その中で数点だけご紹介したいと思います。
とにかく人が多かったのでなかなかきれいに撮れませんでした!


まずこちら。


P11705771.jpg


この作品は今回の展示で大きく紹介されていたものです。
奴隷のような扱いを受けた人たちが船体を引き揚げる様子。

「移動派」と呼ばれる絵画グループは、
当時の社会を批判する意味を込めて描いているので
こういった悲しい場面が多いのです。


次の作品は、大勢の人でごったがえした駅舎。


P11705801.jpg


これは戦争に召集された人と、その見送りに来た人たちを中心に描かれています。
右手に見えている青い服を着た人はおそらくお役人さん。
目の前で繰り広げられている悲しみの場面から顔をそむけているのは
冷酷で無関心だからなのか、それとも感情を殺しているのかは分かりませんが、
とても対比的に描かれています。



P1170583.jpg



1860年代のロシアでは学校に行ける子供は5%ほどだったそうです。
それが時を経るにつれて改善されていくのですが、
既にある程度の年齢になっているように見えるこの少年にとって、
この日が初登校の日。
教室の様子を伺っている後姿から、期待というよりも不安な感情が伝わってきます。

貧しい生活を送っているということが見て取れる粗末な持ち物も
とてもリアルに描かれていました。


da6.png


最後の作品はこちら。


P11705911.jpg


私の好きな小説家の一人、トルストイの執筆中を描いた作品。
政治・社会にも大きな影響を与えたと言われる人です。
こうして描かれるということは、移動派の絵画グループとも
何らかの関わりがあったのだと思います。


作品の写真はこれで終わりですが、
ここには載せられないくらい心をえぐられるような作品が何枚もありました。
ロシアの移動派展、本当にすばらしかったです。


それでは皆さん今日もよい一日を、
Vi ses imorgon...!


↓写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


suiteki rain midori




関連記事
スポンサーサイト

SHARE

-4 Comments

*pipopa* says..."遊びに来ました☆"
こんにちは☆初めてコメントしますが、何度か来させていただいています^^

スウェーデンにお住まいなんですよね?
スウェーデン・・・実は、数日前の記事に「ロッキー」について書かれていましたよね?あのシリーズ、「ロッキー4」に出てきていたロシア人ボクサー役の俳優さんがめっちゃ好きなんです、私♪ドルフ・ラングレンという人なんですが、その人がスウェーデンの人なんですよ。
なので(すごくミーハーな理由で申し訳ないんですが)、スウェーデンのいろいろな記事、楽しみにしてます☆
2012.01.21 14:30 | URL | #- [edit]
りもママ。 says..."No title"
はじめまして(。◠‿◠。)♡

北欧に大変憧れています。
特にデザインの素晴らしさに魅かれていますが
美術館のロシアの移動派もなかなか
見られる作品ではないので、素晴らしいと
思いました。
ありがとうございます。
2012.01.21 18:35 | URL | #- [edit]
Tommy25 says..."Re: 遊びに来ました☆"
*pipopa*様こんにちは!初コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません!^^ 
そのドルフ・ラングレンという俳優さん、知ってますよ!
4で出てたあの相手ですよね☆ 夫がスウェーデン人だと教えてくれました。
エクスペンダブルスでもシルベスタ・スタローンと共演してるのを観ましたよ!
あの方はすごく頭もいいし才能にあふれる方だそうですね☆
ファンになるのもわかりますよ~!
2012.01.22 01:34 | URL | #- [edit]
Tommy25 says..."Re: No title"
りもママ様こんにちは!コメントありがとうございます☆
北欧に憧れていらっしゃるんですね、
私もずっとここにいたいな~と思うくらいいいところです。
でも夫が転勤族なのでいつか去る時が来ます。
学校のクラスで美術館に行ったのですが、
おっしゃるとおり、本当にいい作品ばかりでした。


2012.01.22 01:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/347-a414bc7a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。