LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ストックホルム写真案内 Nordiska Museet パート4

0   0


imge2af09dezik2zj.gif
皆さんこんにちは! いつもご訪問ありがとうございます。dd.gif
今日はストックホルム写真案内、北方民俗博物館パート4です!

前回はスウェーデンの年間伝統行事、夏至祭についてお話ししましたが、
今日はイースターについての展示のご紹介です。

イースターは日本ではなじみが薄いので、
興味のある方はこちらのウィキペディアサイトを
読んでいただけると分かりやすいかと思います。
イースター(復活祭)

博物館に展示されている色とりどりの卵。
イースターではこうやって卵にペイントする習慣があるそうです。
それを家や庭のどこかに隠しておいて、
子供たちが探し出す遊びをしたりもするようです。
私も今年のイースターで知り合いの子供さんからペイント卵をいただきました。

P1100146.jpg

こんなに手の込んだ絵が描かれた卵も・・・!
ここまで行くともう立派なアートですね。

P1100145.jpg

このイースターという行事、ほぼヨーロッパ全土で祝う行事のようで、
数年前、当時付き合っていた夫(その頃もスウェーデン在住)宛に
ギフトを送ったところ、数週間届かなかったので
スウェーデンの郵便局に問い合わせたら、
「今はヨーロッパ中でイースターのホリデイ期間中だから
時間かかると思うけど気長に待ってほしい」と言われたことがあります・・・!

もうすぐクリスマスシーズンだから
プレゼントを贈る時には気をつけなくちゃいけません。

さて今日の最後の一枚はこちら。

P1100148.jpg

スウェーデンの伝統菓子、「セムラ」を食べる二人の絵です。
昔、スウェーデンではイースターの前に
この生クリームいっぱいのセムラを頂く習慣があったそうです。
でも今ではイースターの時期でなくてもカフェで売られています。

イースター前には断食したり静かに過ごしたりする習慣があるからか、
絵の吹き出しには、スウェーデン語で
"Who could it be the doorbell rings?"
「あのドアベルはどなたかしら?」と書かれています。

私はまだスウェーデンに来て一度もセムラを食べたことがないので、
いつか味見してみないと・・・!

それでは皆さん、今日もよい一日を!
Vi ses imorgon・・・!


写真にぜひクリックをお願いします。
いつもありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


オンラインショップ「Little Lotus」
入口はこちら!
↓↓
無題2



imge2af09dezik2zj.gif

関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/244-9ab25e35
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。