LITTLE LOTUS in Luxembourg

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ストックホルム写真案内 ドイツ教会 1

2   0


a11.png
 
皆さんこんにちは。いつもご訪問ありがとうございます!dd.gif

今日はストックホルム写真案内、
ガムラスタン(旧市街)にあるドイツ教会(Tyska Kyrkan)です!

なぜスウェーデンに「ドイツ教会」なの?
と思われる方もいると思いますが、
ストックホルムも中世にハンザ同盟に加入していたため、
ドイツ商人たちによって、1600年代半ばに建てられたのだそうです。

ご参考までに・・・→ハンザ同盟 ウィキペディア

03.png


建物の外観はこちらです。

P1080736.jpg


前回のストックホルム写真案内でご案内した
「リッダーホルム教会」の造りとよく似ている!

こちらは教会を入ったところにある中庭。

P1080733.jpg


隣にはカフェがあったので、
そのお店から続くテラスのような感じになっていました。

P1080735.jpg

03.png


こちらがドイツ教会の入り口です。

P1080737.jpg


中はどんな感じでしょうか。
また次の機会に続きます!


それでは皆さんまた明日・・・
Vi ses imorgon!

↓ 写真にぜひクリックをお願いします。
  いつもありがとうございます


にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


a11.png


関連記事
スポンサーサイト

SHARE

-2 Comments

hiromi says..."No title"
スウェーデンに「ドイツ教会」がと不思議に思いますが、ヨーロッパ諸国は色々な意味で繋がりがあり、昔から交流が盛んですよね。日本人からすれば、ある意味うらやましい気がします。

教会横のカフェの外観が素敵ですね。
テラス席は今は寒いでしょうけど、夏は気持ち良さそう~ 
教会の内側はどんな感じなんでしょう。
更新を楽しみにしています。
素敵な日曜日を!
2011.10.16 17:26 | URL | #- [edit]
Tommy25 says..."Re: No title"
そうですよね、
ヨーロッパの国同士でのつながりが色々あっておもしろいです。
スウェーデンはドイツとの関わりが濃いみたいなんですが、
知り合いから聞いたところによると
パラプリュイとか、ビブリオテックとか、エントレとか、
フランス語(ラテン語?)からきているスウェーデン語も少しだけあるそうです!

2011.10.17 23:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomy25.blog81.fc2.com/tb.php/140-b9c16e14
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。